あなたの皮膚

皮膚老化

加齢とともに、私たちの皮膚はより薄く、乾燥し、弱くなります。 皮膚には、たるみやしわ、しみなどが表れます。 これにはさまざまな原因があり、内在的な身体の作用によるものと、外部要因によるものがあります。

内部要因による皮膚老化

年をとると、新しくつくられる細胞が少なくなり、線維芽細胞の活性が衰えます。 線維芽細胞活性が衰えると、真皮のコラーゲンとエラスチンが減り、普通は弾性が低下します。 ヒアルロン酸量の低下も、肌の弾性と修復力に影響します。 加えて、年をとるにつれて真皮が薄くなり、皮下組織の体積が少なくなります。 これらすべては、加齢とともに身体の中で自然と起こることです。 では、外部要因とは何でしょうか?

皮膚老化の外部要因

さまざまな社会的行動や活動が、皮膚の老化を早める可能性があります。 毎日の睡眠や、習慣的な顔の表情が、皮膚に影響することがあります。 そして何ものも重力に反することはできず、皮膚もそのひとつです。 しかし、最大の外的要因は、光老化といわれる日光の影響で、乾燥と脆弱化、弾力の低下、深いしわや不規則な色素沈着などが特徴です。 過度のアルコール摂取や喫煙も、皮膚にダメージを与えます。 喫煙者の皮膚の最上層の毛細血管が細くなり、血流が悪くなると、皮膚の健康に欠かせない皮膚への酸素と栄養の供給ができなくなります。 喫煙もコラーゲンとエラスチンにダメージを与え、喫煙時に顔を同じように繰り返し動かすことで、しわができます。